植毛後育毛剤

MENU

植毛後は育毛剤を使ってケアした方がイイ?

 

 

 

 

結論から言いますと植毛後も頭皮のケアとして育毛剤が使うことはイイです。

 

順を追ってご説明しますね。

 

 

植毛後の育毛剤の影響について

 

植毛は外科手術ですので、術後すぐは傷口を落ち着かせる必要があり、洗髪など、傷を広げる可能性がある行為は控える必要があります。

 

しかし植毛後も清潔を保つための洗髪も必要ですし、自毛定着の為に育毛剤を使ったケアも必要です。

 

多くの場合、洗髪は翌日から、育毛剤は5日〜1週間もすれば使用許可がおりるでしょう。

 

とはいえ、傷口が悪化してしまっては意味がありませんので、しっかり自分の状況を担当医に相談し、育毛剤の使用を開始しましょう。特に術後はかぶれにくい製品を使用するなど、しっかり担当医と相談することをオススメします。

 

 

植毛したのになぜ育毛剤が必要なの?

 

植毛したからといってすべての毛を植毛するわけではありませんので、自毛のケアを怠らずこれまでどおり育毛剤を使うことは有効です。

 

やっぱり既存の毛については、AGAの影響があったら、何もしなければどんどん抜けてしまいます。。

 

 

ただ育毛剤で移植した毛が発毛しやすくなるわけではなく、あくまでも自毛の脱毛防止・薄毛の進行を遅らせて現状維持するためのケアとなります。

 

 

 

 

育毛剤を使わなかった時のメリットデメリット

 

 

育毛剤はさまざまな種類がありますが、医療的に効果が認められているものは限られていますので、効果は気休め程度だともいえますし、効果を感じられるまでには多くの時間が必要となります。

 

そのため育毛剤で長期間費用をかけるのではなく、根本的な解決と永続的な治療を考え気になる箇所をすべて植毛するというのもひとつの考えだといえます。

 

ただ健康な髪にまで植毛すると頭皮を傷つける恐れがありますし、残りの既存の毛が今後も抜けていく可能性もあります。また移植を何度もすると後頭部に傷が増えてしまいます。

 

メスを使わない植毛なら少しは目立たなく出来ますが、移植箇所が増えればそれだけキズを隠しづらくなります。

 

 

育毛剤を使わなかった時のメリット

 

毎月発生する費用を抑えられる

 

育毛剤を使わなかった時のデメリット

 

既存の毛が抜けてしまうので、植毛手術を繰り返し後頭部のキズが増えてしまう

 

結局、植毛後の育毛剤は使った方がイイ?

 

 

育毛剤を使って、薄毛をふさふさにすることは難しいですが、細い髪を太くするのには十分価値があります。

 

デメリットとしては、植毛とは違い効果がすぐ現れるわけではないので、効果があらわれるまで植毛の費用にプラスしてかかってしまいますし、個人差があるのも育毛剤のデメリットといえます。

 

ただ、抜け毛の進行スピードを抑えられる効果もあるため、植毛後も育毛剤を使うメリットは多くありますし、植毛の技術は進化したとはいえ外科手術というリスクもありますので、すべてを植毛に頼るのではなく、健康な髪は育毛剤でしっかりケアすることは大切だと感じます。

 

 

なので植毛後に育毛剤は使うのはオススメです。

 

植毛後のオススメ育毛剤

 

 

植毛後に育毛剤を使ってケアするなら、おすすめはチャップアップという育毛剤です。

 

 

この育毛剤の特徴は、

 

口コミが良い

 

成分のバランスが良いのでAGAを抑制しつつ、血行も良くして脱毛予防をすることが出来る

 

副作用がない

 

 

という点ですね。

 

 

あとはサプリメントもあるので、栄養不足が原因で抜け毛が増えてしまうケースにも対応できます。

 

ミノキシジルとかフィナステリドなどの医薬品も脱毛予防にはアリなんですが、副作用のリスクが常に付きまといます( ;∀;)それであれば副作用の無い育毛剤でケアするのが良いのではないでしょうか。