植毛前育毛発毛

MENU

植毛前に実践したい育毛・発毛対策はコレ!

 

 

 

 

 

植毛する前に試しておきたいのが
フィナステリドとミノキシジルによる発毛対策です。

 

 

 

またポイントとしては片方だけでなく

 

両方を併用することで、より生えやすくなります。

 

 

フィナステリドは抜け毛の主な原因でもある
ジヒドロテストステロンの生成を阻害します。

 

厳密に言うと男性ホルモンのテストステロンと
5αリダクターゼという酵素が合わさって

 

ジヒドロテストステロンになるのですが、

 

 

その酵素である5αリダクターゼを阻害してくれます。

 

 

その為、まず抜け毛を促進させないための対策としては
フィナステリドが効果的です。

 

 

 

ですがそれだけでは発毛には不十分で
ミノキシジルを併用する必要があります。

 

 

ミノキシジルは元々高血圧の方向けのお薬だったもので
血管の拡張作用と毛乳頭・毛母細胞の活性化を起こすと言われてます。

 

 

髪の毛が伸びる仕組みは毛細血管に流れてきた栄養を
毛乳頭に送りそこから毛母細胞に信号を送って、

 

 

毛母細胞が分裂をし毛を成長させるという流れがあります。

 

 

その為、まずはフィナステリドでジヒドロテストステロンを
作らせないことで抜け毛をストップさせ、

 

髪の成長を促進する為にミノキシジルを使う

 

 

 

という併用が発毛の対策としては良いです。

 

 

 

また出来ればですが、ミノキシジルに関しては
塗る薬よりかは飲むミノキシジルタブレットの方が良いです。

 

 

実は私も塗るタイプのミノキシジル「カークランドミノキシジル」
という個人輸入で購入して使ってましたが、

 

 

効果がありませんでした。

 

 

(ちなみに慣れないとかなり痒いです。)

 

 

 

ミノタブ(ミノキシジルタブレット)の場合は
口から摂取するので血液に乗って毛乳頭に届きやすくなります。

 

 

その分、副作用として体毛が濃くなる・めまいがする・
性欲が減退するなどが可能性としてありますが、

 

 

もし試してみてそういった症状がなければ続けてみたら良いと思います。

 

 

 

併用して一気に発毛させて、大分生えてきたーと思ったら、
ミノタブだけ止めてフィナステリドだけ使うという方法もとれますので。

 

 

 

植毛前にフィナステリドとミノキシジルの併用は試してない

 

 

という方はまずは試してみると良いでしょう。

 

 

 

プロペシア&ミノキシジルが購入できる通販がこちら